読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ToSラクガキ帳

Tree of Saviorに関するあれこれを殴り書きます。

無理がなく、かつ、それなりに早いレベリング案(R8到達まで)

※以下の情報は、2017/03/29のバランス調整以前に記述されたものです。

 

この記事は中級者向けの記事です。「メインキャラもそれなりに育ってきたし、そろそろサブを育てたい。でも育成が面倒だから、なるべく効率のいいレベリングが知りたい」「一応、自分なりのレベリングルートはあるけれど、まだ煮詰まっていないから、他の人のレベリングも参考にしてみたい」といった方は、もしお時間があればご一読ください。

 

 

レベリングについては多くの人が書いていますので、当初は、いまさら私が何か言うことも無いかな、と思っていました。しかしながら、検索したときに最上位に来る情報を見ていると、気になる点がいくつかあったので、一応、私なりのレベリングルートを書き残しておこうと思った次第であります。

 

タイトルで掲げた「無理がない」という点が、やや曖昧ですので補足しますと、「時間効率が良い」と言い換えられると思います。具体的に言えば、序盤のクエストは、ほぼ無視します。魔族に収監もされません。ただし、効率のための多少の出費が必要ですので、ご注意ください。

 

では早速見ていきましょう。

 

レベリングの前に

最初に、必要な装備をあげていきましょう。

  • カフリサン一式
  • ヘアアクセサリ一式
  • フィフスハンマー(使える職の場合)
  • アルデダガー(両手武器を持たない場合、かつ余裕があれば)

カフリサンは言わずと知れた有用防具ですね。ご存知ない方は、検索していただければ、記事がいくつかhitしますので、そちらを参考にしてみてください。全部位を揃えても100k前後(2/07現在、サウレ鯖)ですので、もし持っていなかったら、マーケットで買ってしまいましょう。

 

次にヘアアクセ一式です。良オプションが複数ついているようなアクセを3つ揃えようとすると、それなりにお金がかかります。ですが、レベリングに使う程度のものであれば、高級品である必要はありません。付与されているオプションが1つでも、それなりに攻撃力があがるものであれば、最高値である必要もありません。ヘアアクセは使いまわせるものですし、カフリサンと違い、終盤のレベリングでも使えるものですから、ここは1つ、先行投資と思って買ってしまいましょう。勿論、既に持っているものは、倉庫移動が面倒でなければ、使いまわしてしまいましょう。

 

どのオプションが良いかですが、属性攻撃力が付いているものが、以下の理由からおすすめです。

  • 通常攻撃をした場合、サクラメント・カフリサンで発生する攻撃のそれぞれにも別で属性攻撃力が乗る(詳しくは調べてみてください、丸投げでごめんね)
  • 物理・魔法職に関わらず使いまわせる

付与される属性攻撃力の最大値は99ですが、80程度でも構いません。どれほどのものを買うかは、マーケットの品物と、お財布と相談して決めましょう。今、マーケットを見てきたところ、聖属性攻撃力98がついたアクセ1が480kでした。サーバー間で多少相場は違うかとは思いますが、おおむねこれぐらいの値段です。上記のものは、アクセ本体が、マッシュカリアハットというレア度の低いものなので、やや安めですね。

 

次に、フィフスハンマーです。5つものジェムが挿せる、唯一無二の武器です。しかも、装備可能レベルが40と非常に低いので、サブ育成用の武器としてこれ以上のものはありません。R8になるまで、十分使えます(※1)。挿すジェムは赤ジェムLV5が良いでしょう。赤ジェムならば、物理・魔法職のどちらでも使えます。また、長く使うことを考えれば、LV5のジェムは挿しておきたいところです。

 

フィフスハンマーが装備できない職の場合ですが、170までは、適正レベルの武器ならば、何を使っても概ね問題ないはずです。マーケットで手頃なものを見つけて使いましょう。いわゆる浸食装備がなかなか強力でオススメです。170装備からは、職によっては315武器まで更新がない(※2)ので、よく吟味して選びましょう。

 

最後にアルデダガーです。これは、属性攻撃力が153上がる優秀な補助装備です。浸食装備が実装された現在、性能面ではスモールクリスタラスが上位互換です。ソケ2を掘る人がいるため(+そもそも出やすい)、値段もアルデダガーより数段安くなっています。ただ、アルデダガーは、装備可能レベルが75と低いため、持っているとレベリングが楽になることは間違いありません(スモールクリスタラスは170)。余裕があれば、是非買っておきたいところですが、170までのレベリングは、後述するように、それほどシビアではないので、資産に余裕が無いのであれば、170レベルになった際に、ソケット数1のスモールクリスタラスを買いましょう。資産に余裕がある物理職の方は、ソケット数2のスモールクリスタラスに、赤ジェム(職によっては緑)を挿すのも良いと思います。

 

※1 R7環境で、ウィザードの多くが持っていたスーペリアコロナロッド(220LV装備)ですが、+5強化・青ジェムLV5を2つ挿した状態での攻撃力が484。赤ジェム5挿しのフィフスハンマーの攻撃力の期待値(赤ジェムで上がるのは最大攻撃力なので、攻撃力の期待値は上昇分の1/2)は、ジェムの分だけで450。R8まで使っていけるというのも頷けるかと思います。

 

※2 先日の記事に書いたサパフレメルゲンちゃんは、170装備のカスティボウで320LV前後まで戦っていました。早めにもこもこが出てくれて良かったです。

 

キャラ作成~50ID

装備の用意もできたところで、本題のレベリングルートに触れていきましょう。まずは、序盤の定番レベリングスポット、ターネット花園を目指します。キャラクターを作成したら、クエストは全て無視して、全力でターネット花園まで走ります。オルシャスタートの場合、雑貨屋でクラペダへのワープ呪文書を買いましょう。用意したアクセをつけて道中の敵を蹴散らしながら進み、ターネット花園到着時点で15LVになっていれば十分です。15LVになったら、カフリサンを忘れずに着ましょう。また、転職をした段階でチーム倉庫からシルバーを引き出せるので、露店バフ用の小銭や、特性費用は転職してから下ろしましょう。

 

ターネット花園での狩りポイントは女神像北の地点です。倒したそばから敵が湧いてきます。ひたすら倒しましょう。ターネット花園が混んでいる場合は、聖堂に行くのも良いでしょう。私の場合、遠距離攻撃ワンパンで敵を倒せるアーチャー・ウィザードでは、敵が湧き続けて移動の手間がない花園の方が経験値時給が上でしたが、クレリック・ソードマンの場合は、聖堂でもそれほど経験値時給は下がりませんでした。

45→46に上がる時に経験値の壁(※3)があります。そこを超えたら、50レベルまではすぐです。

 

※3 壁を超えると経験値テーブルがリセットされ、一気にレベルが上がりやすくなります。詳しくは、「tos 経験値テーブル」で検索してみてください。

50Id~145ID

しばらくの間は、IDでのレベリングです。100レベルに到達したら、以降は、適正レベル帯のIDに加えて、シャウレイにも行きましょう。(※4) 50IDと90IDの間だけ、ID間のレベル差が大きく、経験値減衰(※5)の影響が大きいため、80レベルを超えたあたりで、クエストに手を出しましょう。私の場合、メインクエストが発生する、ルカス高原以降のマップや、ギティスの開拓地方面のクエストを埋めて、90レベルにします。

 

115IDに行けるようになるまで90IDでレベルを上げると、111LV~114LVの時期で経験値減衰が発生してしまいますが、この程度の減衰ならば、クエスト消化よりも効率がよいので、気にせず90IDに行きましょう。

 

115IDですが、そろそろ敵の攻撃も痛くなってくるころです。カフリサンだと痛いようならば、適正LV帯の防具への変更や、防具にジェムを挿すことなどを考えましょう。逆に、痛くないようなら、ずっとカフリサンで構いません。

 

130IDについては、特筆することはありません。ポロッとペタミオンが落ちたら嬉しいですね。

 

145LVになってからは、145IDで170LV前後まで粘ります。レベルが上がりにくくなる、ややきつい時期です。

 

※4 これらは日課だと思わずに、消化が面倒だと思ったらサボってしまいましょう。モチベーションの維持も大事です。無理のないレベリングをしていきましょう。

 

※5 レベル差が21以上で発生し、それ以降は、レベル差1につき、取得経験値が5%ずつ下がっていきます。80レベルで50IDに行った場合、減衰率は50%です。ただ、50IDは経験値が半減してもなお美味しいので、80レベルジャストなら行ってしまって良いと思います。

 186LVの壁

さて、170LVになると、145IDで得られる経験値は本来の75%になり、LVが上がると、さらに下がっていってしまうので、これ以上粘るのは効率がよくありません。それでいて、次に経験値テーブルがリセットされるのは186LVと、かなり遠いです。フィールド狩りもこの段階では美味しい狩場がないため、クエストに手をつけます。もらったカードはどんどん使って構いません(※6)。

 

170LVからクエストを始めた場合、本堂・魔族収監所・ダイナ養蜂地以降のマップ・ベルクティ広場方面の数マップの、クエストとマップ埋めを全て完了した段階で、186LVの壁を超えられます。それ以前のマップは、貰える経験値カードのレベルが低かったり、貰える枚数が少ないため、消化する必要はありません。

 

マップ埋めについてですが、アドオンを導入している場合は、比較的容易です。そうでない場合、残り数%がなかなか埋まらないことが多々あるかと思います。これを100%にする作業はかなりの苦痛が伴うので、無理にする必要はありません。マップ埋めをしない場合は、ベルクティ広場方面のクエストを多めに進めましょう。非火力職で、クエストが困難になることが予想される場合は、145IDで173~175LVまで粘る、175IDに通う(※7)などで、なんとかして186LVの壁を越えましょう。

 

※6 マップのレベルと自分のレベルの差が11以上あると、サブクエストが受注できません。

 

※7 殲滅時の経験値が、145IDの1/3程度なので、行かなくて済むなら行かない方がいいです。

 

190LV~240LV前後

このレベル帯から、ID・クエスト・フィールド狩りの、経験値効率の関係が変化します。具体的には、

 

フィールド狩り<クエスト≦ID

 

だったものが、

 

ID<フィールド狩り<クエスト

 

になります。ここまでは不要なクエストはせずに、ひたすらIDでレベルを上げて来ましたが、このレベル帯以降は、できるクエストは全て消化していきます。ただし、クエストには限りがあるので、効率よくレベルを上げるならば、フィールド狩りは必須と言って良いでしょう。

 

まず、最初の狩りスポットであるアレメテを目指します。アレメテ狩りに参加するには205LV前後必要なので、そこまでは190IDでレベルを上げます。ただ、190IDの敵は200LVなので、190レベルの時点で参加すると、レベル差補正が効いて、なかなか痛いダメージを受けてしまいます(特に魔法)。自身の装備や体力に自信がない場合、シャウレイミッションや経験値カードで、195レベル程度まで上げてしまうのも1つの手です。

また、先述したように、IDの経験値効率は、既にフィールド狩りのそれよりも低いので、カードがあるなら使ってしまって、190IDを飛ばし、アレメテへ急いでも構いません。186LVの壁さえ超えてしまえば、カードを貯める必要は、ほぼありません。アレメテから後述する保管室に狩場を移す時に少し必要になる程度ですが、経験値テーブルがリセットして間もない時期ということもあり、186LVの壁の時ほど大量の経験値カードは不要です。

 

では、アレメテでの狩りに話を戻しましょう。アレメテで狩るレッドトラフリーが221LVなので、241LVまでは経験値減衰無しで狩りができます。ただし、アレメテよりも、保管室の方が経験値効率が良いため、経験値カードを使って保管室での狩りに参加できるレベルに到達するようならば、241LVまでアレメテで狩る必要はありません。アレメテで粘る場合も、レベル差による経験値効率が大きくなる前に、クエストを消化して、保管室へ狩場を移しましょう。

 

252LV~275LV

狩場を保管室に移します。クロノ等支援職であれば、より早い段階で狩りPTに参加できます。252というのは目安です(※8)。基本的なレベリング方法は、アレメテの時と同じです。フィールド狩りをしつつ、受けられるクエストは全てこなしましょう。アレメテ→保管室へのジャンプが終われば、経験値カードを貯める必要は全くありません。貰ったそばから使っていきましょう。R8に転職できる目安のレベルは、275です。そこまで頑張りましょう。

 

※8 メインターゲットのブルーヌオのレベルが262なので、それー10レベルを目安にしました。アレメテと違い、魔法敵の攻撃が痛いという点もあります。

終わりに

以上が、私なりのR8までのレベリングルートです。情報は、2017年2月08日現在のものです。大きな変化があれば、記事を更新したいと思います。少々長くなりました、最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

 

 

大地の塔 11F~15F

今日は、Tree of Saviorのエンドコンテンツの1つ、大地の塔について書いていきます。

 

攻略がグッと難しくなる、11Fから触れていくことにします。

 

大地の塔11F~15Fは、流れが1F~5Fのそれによく似ていますが、それぞれ違う点もいくつかあります。では、早速見ていきましょう。

 

【11F】

1F、6Fと同じく、規定数のMOBを討伐します。11Fの討伐数は180です。

 

数は増えますが、1Fの超BLOCKホグマのような厄介な敵はいないので、比較的容易に突破できるでしょう。これまで同様、MAP下側の定点で、壁を背に迎え撃つ戦略が有効です。

【12F】

オブジェクト防衛の階です。2Fと違う点は2つあります。

 

1つは、防衛オブジェクト(以降、天体球)がマップ中央に存在するため、全方面からの湧きに対応しなくてはならないことです。天体球の周囲を4~5のバリアで囲み、敵からの攻撃を少しでも緩和すると良いでしょう。

 

2つめの点は、敵MOBとは別に、天体球を攻撃してくる攻撃オブジェクトの存在です。これは、北・南・西・東の縦横四方向に加えて北西・南東の方向の計6箇所に存在します。この攻撃オブジェクトの存在により、MOBを捌いているだけでは、まず失敗してしまうため、ヒーラーが定期的に天体球を回復する必要があります。

 

また、攻撃オブジェクトのHPはそれぞれ100(1ダメージ固定)なので、余裕があるならば、多段スキル持ちの職は、これを壊しに行くのも1つの手になります。しかし、バリアから出ると事故死する可能性もあるので、無理そうなら、ひたすら耐えましょう。

【13F】

オブジェクト破壊の階です。3F同様、バフ持ちの敵(11Fでは緑色のペイグネニー)を倒してバフをもらい、オブジェクト(HP500、1ダメージ固定)を攻撃します。

 

3Fと違う点は、バフをもらわなくても、オブジェクトにダメージを入れられることです。ただし、その場合、7000固定の反射ダメージを受けてしまいます。この反射ダメージは、攻撃一発ごとに受けてしまうので、多段スキルを撃てばほぼ即死してしまいます。また、セーフティーゾーンやアウシュリネ女神像といった無敵効果も貫通して被弾してしまうので、非常に厄介です。

 

正攻法であれば、1~2人がタゲを取って逃げ、多段スキル持ちがバフ持ちの敵を倒してバフを獲得し、オブジェクトを殴ることになります。このバフはメルスティスで延長できるので、クリヴィスC3がいる場合は、難易度がやや下がります。

 

別の、少し捻った攻略方法として、アイスウォール(以下、IW)を使ったものがあります。IWを近接物理攻撃や一部スキルで叩くと3WAYの氷の礫が発射されます。この攻撃は、叩いたキャラによらずIWの術者の攻撃という扱いになるので、反射ダメージを受けるのはIWの術者のクリオのみになります。そこで、

 

①タゲ取り係が敵MOBを集めきって逃げる

②クリオがIWを発動

③タゲ取り係以外がIWを殴る、術者のクリオはここでほぼ即死

④プリがリザでクリオを復活

⑤②~④を数回繰り返す

 

といった手順での攻略が可能です。

 

ここで、クリオが注意する点ですが、IWから出る礫は、叩いた方向にはよらず、クリオが向いている方向へ飛んで行きます。なので、IWを出したクリオは、しっかりと礫がオブジェクトに当たる方向を向きましょう。また、当然ながら、何度も死ぬことによって装備が壊れるので、武器・防具は外しておきましょう。

 

クリオC1のIWレベル5でも計算上はクリアできます(※)が、不安が残るならオードラを持っていきましょう。2~3回死ぬ程度なら耐久が0にはなりませんが、念のため、IW直後に武器を外す・超過修理をするといった対策をしておきましょう。

 

また、殴り役の注意点ですが、通常攻撃で殴る場合、サクラメント等の追加攻撃が発生するバフが付いていると、壁の耐久度が倍で減ってしまうので、壁が足りないようであればバフを外しましょう。

 

※IWの枚数6×IWの耐久11×1殴り当たりの礫3=198なので、3セットあれば、多少の叩き残し等を考えても、オブジェクトを壊し切れる。IWのCDが65秒なので、パス無しでも制限時間4分30秒に間に合う。

 

【14F】

4F同様、気を貯める階です。逃げ回っているだけでクリアできます。

 

ただ、14Fではスタチューがマップの外側に配置されるので、ざっくばらんに逃げず、1人がタゲをしっかり取って、それ以外の人は安全な場所で待機していましょう。

【15F】

ジーマスコットでおなじみ、トゥルタイとの戦闘です。その場から動かないボスなので、設置スキルが非常に当てやすいです。しかし、ダメージはこれまでのボスより痛くなるので、気を引き締めてかかりましょう。15Fまで到達した皆さんならクリアできるはずです。

 

以上が、大地の塔11F~15Fの攻略法の1つです。ここで記述したもの以外にも、PTメンバーの構成、あるいは、画期的なアイデアによって、また違った攻略が生まれてくるでしょう。それは、みなさんの知恵と経験で、ぜひ編み出してみてください。

所持ビルドその1:サパフレメルゲンについて

私、usaginabeが、初めて投稿する記事です。拙い点もあるかとは存じますがご容赦を。

 

まず、このビルドに至った過程を書かせていただきます。

 

私の1stキャラは、レンシュの予定でした。サービスが開始して間もない、オープンβの頃になります。

 

「でした」、という表現をしたのは、アチャ1レン3の時点でレンシュに進むのを断念し、レンフレに進んだためです。

 

私は、情報収集として2ちゃんねるをよく閲覧しているのですが、当時のレンシュは板でこき下ろされていまして(※1)、それを鵜呑みにして戦々恐々とした私は、R4の時点から方向転換できる他のビルドをググり、レンフレに行き当たりました。

 

その後、フレッチャーに転職し、R7の手前ほどにまで育成したのですが、アチャ1レン3型のレンフレは、ステディエイムが45%→20%の弱体化を食らう前のビルド案であり、今ではスウィフトステップのクリティカル率の特性のため、アチャ2を履修するのが無難ということを知ったのです。

 

ではアチャ2レン2でフレッチャーをやるかと言われると、私はステディ15%とバラージのためだけにレン2を取ることに魅力を感じなかったので、R4までの別のビルドパーツを探したところ、ブルームトラップを擁するサッパーの行き当たったのです。

 

この時点ではR8は実装されていなかったので、アチャ2サパ2フレ3のサパフレは「範囲もある程度こなせる単体火力ビルド」といった捉え方でした。

 

ここからR8の実装に伴いメルゲンを履修しました。

 

とくに深い理由はなく、「韓国のレンフレの多くはメルゲンに進んだ」という情報を、これまた鵜呑みにした末の決断です。

 

当時の2ちゃんねるでは「メルゲンは微妙」との話だったのですが、実際に動かしてみると、今では周知の通り、トリプルアローを筆頭に、メルゲンスキルはなかなか強力でした。範囲火力としても及第点であり、使用感は悪くなかったので、「範囲も単体もこなせるビルド」というのがここでの印象です。

 

こうして出来たサパフレメルゲンですが、鷹メル(※2)の噂を耳にして、後に、アチャ2サパ2ポイ2鷹メルゲンを育てて動かしたところ、「メルゲンスキルを生かすには鷹が必須」ということを痛感しました。AoEをファーダやアクセで盛っても、鷹無しではhit数にやはり限界を感じます。

 

R8になり範囲・単体ともに他の職が台頭してきたこともあり、現状、サパフレメルゲンは、「範囲も単体もある程度こなせるが、特化型には勝てない器用貧乏なビルド」という印象です。

 

メルゲンがやりたい、というならば、鷹を経由した何らかのビルドにした方がいいでしょう。フレッチャーがやりたい、という場合、サパフレメルゲンは候補の1つとしてあるかとは思いますが、R8環境では、先述したように、タオやフェンサーといった単体火力職が頭角を現していますので、フレッチャーはR7の時ほどの存在感は示せないかと思います。(※3)

 

というわけで、端的に言えば「結局サパフレメルゲンは微妙」です。ただ、器用貧乏とは書きましたが、範囲も単体もこなせ、マジックアローのおかげで、CD待ちでグダグダすることも少なく、楽しいビルドだとは思いますので、フレッチャーがやりたいという方は候補の一つとして参考までに。

 

閲覧ありがとうございました。

 

※1 サービス開始当初の話になりますので、まだ皆低いランクで、R5時点での火力に着目されたこと、やっとシュバに転職したかと思えば、R6になると範囲火力としてウィズエレが台頭すること等があり、そのように言われていたのでしょう。今では物理範囲火力の筆頭ですね。

 

※2 ファルコナースキル、「サークリング」とメルゲンのシナジーに着目したビルド。サークリングで敵の広域防御比率を0にすることで、トリプルアローが射線上の敵全てにhit、ホーミングアローがサークリング範囲内の敵全てに5hitするようになる。R6までのビルドパーツの取り方でいくつか派生がある。

 

※3 単体火力を極めて差別化を、ということなら、レンやハッカがビルドパーツとして候補になると思います。